食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ!

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

食宅便には低糖質セレクトというメニューがあり、糖質を制限したい人(糖質制限ダイエットをしたい人や糖尿病)にお勧めのメニューとなっています。

 

2018年10月29日には、それまで3種類であったものが5種類に増えており、ニーズの多さも伺えます。

 

一方で糖質制限をするにあたり、気をつけなければいけないポイントもいくつかありますので、簡単に説明いたします。

 

私は普段、理学療法士として急性期病院で働いており、糖尿病の患者さんを担当したり、退院後の生活習慣についても指導していますのでお役に立てる内容だと思います。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

 

食宅便の低糖質セレクトは何が良いの?

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

ラインナップが増えて好調の低糖質セレクトですが、その特徴としてあげられるのが何と言っても糖質量の低さです。

 

これらのメニューは1食当たりの糖質が平均5.5gに抑えられています。

 

これは表で見比べても分かりますが、食パン1枚、バナナ一本、オレンジジュース一杯の約1/4から1/5の糖質となっています。お弁当1食分でこの量ですから驚異的です。

 

ちなみに糖尿病の食事療法ではスーパー糖質制限食として1食当たり10〜20g、1日30〜60gが目標とされています。

 

ですから低糖質セレクトは、糖質制限ダイエットにはもちろんのこと、糖尿病でお医者さんから糖質制限を指導されている人にも適しているメニューだと言えます。

 

また、このメニューは管理栄養士さんが監修して作っている為、糖質はしっかり押さえつつも、必要な栄養素が不足しないように工夫されています。

 

仮に私たちが同じものを作ったとしても栄養のバランスまで考えて作るのは至難の業です。

 

管理栄養士さんはこのメニューに関して自信を持って作っていますが、一方で「過度な糖質制限はしないように!」と注意しています。

 

これは個人で間違った糖質制限をした結果、ダイエットが失敗するだけでなく健康を害する人も実際に出ているからです。

 

ですから間違った糖質制限をしない為にも、プロが栄養バランスを監修した食事を食べることは健康を管理する上でもとても大切なことです。この点において、食宅便の低糖質セレクトを利用することにメリットがあると言えます。

 

 

糖尿病と低糖質セレクト

糖尿病では食事療法、薬物療法、運動療法の3つが重要と言われています。

 

そして食事療法では糖質制限を中心に食事の管理を行いますが、そのなかで食宅便の宅配サービスを利用することはとても有効な方法だと言えます。

 

なぜなら繰り返しになりますが、食宅便は管理栄養士が監修しており、糖質をはじめ様々な栄養バランスが考えられて作られているからです。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

実際に病院でも食事についてメインで指導するのは管理栄養士さんです。

 

ですからその管理栄養士さんが考えて作っている食宅便の宅配サービスを利用することはとても理に叶っていると言えるでしょう。

 

糖質制限を行うときの注意点

糖尿病の食事療法では、スーパー糖質制限食として1食当たり10〜20g、1日30〜60gが目標とされていますが、食宅便の低糖質セレクトは平均5.5gに糖質が抑えられています。

 

このようにとてもしっかりと糖質が抑えられていますが、注意点があります。

 

これはあくまでおかずのみの糖質なので、もしご飯を食べる場合は、その分を考えないといけません。

一般的に普通のご飯では100gで約36gの糖質となるので、加えられる量としてはご飯50gで糖質18g程度と言ったところです。

 

そうすると合計で、5.5g+18g=23.5g程度になります。

 

もちろんもっと我慢できる人はご飯の量を減らす、或いはこれでは足りない人はもう少し糖質の少ない玄米などへ変える工夫も行うと良いでしょう。

 

ちなみに食宅便の公式サイトにある健康応援マーケットには、血糖値の上昇を緩やかに抑える低GI値のごはんも売っていますのでご飯で困っている人はぜひ参考にしてください。

 

※GI値とは血糖値の上昇スピードを表します。この値が低い方が食後血糖値の上昇が緩やかになり、体への負担が少ないと言われています。

 

これで1食当たり糖質20g程度の食事に抑えることが可能になります。

今は仮に20gを目安に計算しましたが、実際に食事制限をお医者さんから指導されている人は、具体的に1日、或いは1食あたりどのくらいに糖質量に制限すればよいか、しっかりと確認したほうが間違いありません。

 

そして確認したその数値を目標に、食宅便のメニューを組み合わせれば確実に糖質の管理を行うことができるようになります。

 

メニューの選択について補足

食宅便のメニューは、低糖質セレクト以外のメニューでも一般の食事と比べると糖質はかなり抑えられているメニューが多いです。

 

ですから、もしご飯の量を減らしても大丈夫であれば、低糖質セレクトにこだわる必要はないかと思います。

 

大切なのは決められた範囲でしっかり糖質制限を行えているかということです。

 

もうひとつ、糖尿病患者さんの中には低血糖症状のある人もいらっしゃり、人によっては普段からブドウ糖・シュガーなどを持ち歩いて生活している人もと思います。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

そのような人が逆に糖質が少なすぎるメニューを食べたうえに、運動療法なども併用していると、場合によっては低血糖症状が出てしまう可能性があります。

 

ですから、自分は糖質を具体的にどれくらいで管理したほうが良いのか、あらかじめ病院でしっかり確認しておくことが大切です。

 

 

糖尿病は恐ろしい病気だが、付き合っていくことは可能

糖尿病は万病のもととなる本当に恐ろしい病気です。

 

なぜなら無自覚に症状が進行していくからです。だから人によっては全く危機感を持ちません。

 

そして気が付いたときには手遅れになっていることも多いです。

 

ここが本当に怖い所です。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

ですからいつも患者さんの指導でも、日々の生活習慣を改善することの重要性をお話ししています。

しかしなかながら患者さんをみていると、よほど反省し覚悟をした人でない限り、今までの生活習慣を一変させることはそれほど簡単ではありません。

 

運動に関しては普段の生活の中でじっとしている時間、座る時間を減らし、できるだけ歩いたり階段を使うことを指導しますが、食事に関しては、制限食を自分で用意するのは至難の業です。

 

なぜなら、そもそも制限のある食事を作ること自体が手間も時間もかかり面倒だからです。

 

また味には個人の嗜好がどうしてもありますから、自分で作るとなかなか制限を守れません。

 

そういう意味でも、食宅便を利用することは理に叶っています。

 

こういった宅配サービスを利用すれば、いつでも手軽に、そして確実に糖質が管理された食事を食べることができるからです。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

繰り返しますが、「生活習慣をいかに変えていくか」が糖尿病治療の要です。

 

その中で、習慣を変えるハードルは低い方が乗り越えやすく、また習慣化する上でも簡単なほうが定着しやすいのです。

 

ですから実際に私も患者さんと退院後の生活について話すときに、ご家族の協力が得られなかったり、食事を自分で管理・準備することが難しそうな方に関しては、積極的にこのような宅配サービスの利用をお勧めしています。

 

糖尿病は恐ろしい病気ですが、同時にしっかり管理ができれば付き合っていける病気です。

 

諦めないで1歩1歩確実に、自分の生活習慣を改善していくことを考えていきましょう。

 

 

低糖質セレクト ダイエットや糖尿病Q&A

ここでは低糖質セレクトにからめて、糖質制限に関するよくある質問をまとめました。

 

ダイエットには、低糖質セレクトとカロリー制限のどちらを選べばよいのでしょうか?

基本的には絶対にどちらを選ばなくてはいけないということは無いので、好みで選べばよいと思います。

 

ただし、普段から甘い物をたくさん食べている人、ごはんや麺類、食パンなど炭水化物を多く摂取している人は糖質を過剰に摂取している可能性があるため、意図的に糖質を抑える低糖質セレクトを選ぶのはOKです。

 

ダイエットに自信が無いのですが、低糖質セレクトで大丈夫でしょうか?

低糖質セレクトはカロリー制限1600よりもカロリー数が少ないです。

 

ですからもし試してみてどうしても食べ足りない場合は、カロリー制限1600に切り替えてみるのも一つの方法です。

 

どのメニューを選んだとしても、一番大切なことは無理なく続けられるという実感です。

 

その実感が持てれば基本的にはどのメニューを選択しても大丈夫だと思います。

 

ちなみにカロリー制限のコースであれば「はらすまダイエットのプログラム」にも参加できますので、一人でダイエットが不安という人はこちらのメニューを選択するのも良いと思います。

 

>はらすまダイエットに関して詳しくはこちら

 

糖尿病で糖質制限が必要ですが、低糖質セレクトを選んで大丈夫でしょうか?

糖尿病でHbA1cや血糖値を抑えるために食事の糖質を抑えることは大切です。

 

しかし糖尿病の方の中には低血糖症状を持つ方もいらっしゃいます。

 

そのような方が過剰な糖質制限をしてしまうとそれこそ低血糖症状が現れやすくなってしまいます。

 

例えばカロリー制限のメニューでも全体のカロリーが抑えられているため必然的に糖質も抑えられています。

 

ですからお医者さんから糖質制限食を勧められていれば低糖質セレクトの利用を考えても良いですが、そうでなければカロリー制限のメニューでも十分だと考えます。

 

あとは主治医や管理栄養士に具体的に1日、1食当たりどのくらいの糖質を摂取すればよいのかしっかりと相談したうえでそれに近い糖質量のメニューを選択することが一番確実だと思います。

 

繰り返しますが、低血糖症状のある人に関しては低糖質セレクトの利用には慎重になったほうが良いと思います。

 

また食宅便の普通のメニューでも、一般の食事に比べれば十分に糖質は抑えられていますので、低糖質セレクトにこだわる必要はないと思います。

 

けっきょく糖質制限ダイエットって一番痩せられるんですか?

メディアでで糖質制限ダイエットが取り上げられてからしばらく経ちますが、近ごろは一時期ほどよりは落ち着いている印象です。

 

そして最近では糖質制限ダイエットについて疑問を持つ意見が出てきているのも事実です。

 

その意見では、けっきょく糖質制限で体重が落ちているような気がしていても、実際にはご飯やパンなどの炭水化物を制限して糖質を抑えているから痩せているのではなく、これによって総摂取カロリーも減っているので、結果として痩せているのだというように言われています。

 

事実、同じ食事のカロリー量で、一方は糖質なし、他方は糖質ありの食事メニューを摂取したそれぞれのグループで比較したときに、体重の増減にはほとんど変わりが無かったという研究結果も出てきています。

 

ですから、あまり糖質にこだわり過ぎる必要はなく、まずは総摂取カロリーに気を配ることが大切です。

 

もっと言うと糖質だけ極端に抜いてしまうことで、脳に栄養が十分に行き届かなかったり、脱水ぎみで肌がカサカサ、しわしわになる事態も引き起こされます。

 

特に10代など成長期の人には、糖質制限は積極的にはお勧めしません。

 

栄養不足になっては元も子もないので、糖尿病などでよほど糖質を抑える必要がある人でない限りは、カロリー制限食の方がバランスの取れたダイエットメニューとしてはお勧めです。

 

まずカロリー制限で試して、それでも結果が出ず、且つ空腹感に余裕があれば、糖質制限に挑戦しても良いかもしれません。

 

食事以外では有酸素運動はもとより、筋トレで筋肉をつけて基礎代謝を上げる方法もお勧めいたします。

 

 

低糖質セレクトの種類は?お値段は?

低糖質セレクトはAからCまでの3メニューに、新たにDとEが加わり全5種類のメニューになりました。

 

ですから同じメニューばかりで飽きるということがなく継続した糖質制限を可能にしています。

 

以下は新たに加わったDとEのセット内容です。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

なお、最新のメニューは公式サイトから確認することができます。

 

>低糖質セレクト 最新の献立はこちら

 

低糖質セレクトのお値段は?

低糖質セレクトのお値段は、7食分でいずれも税込み3,920円となっています。

 

1食当たりでは560円の計算ですから、だいたいコンビニ弁当と同じくらいの値段でとてもリーズナブルに糖質制限が実現できます。

 

また、らくらく定期便を利用すれば、毎週、隔週、4週に一度のペースで自宅に届けてくれます。

 

 

他社の低糖質と比較してみると?

ここではダイエットで有名なライザップの糖質制限食と比較していみたいと思います。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

ライザップのカレーやシチューでは単品当たりの糖質が7.6g〜8.2g、値段は常温の送料500円を入れると1食当たり560円です。

 

値段は食宅便とそれほど変わりませんが、糖質は食宅便の方が低く平均5.5gです。

 

またライザップの場合は単品のメニューでこのお値段ですから、比べてみても食宅便の方がお得なのが分かります。

 

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

1週間分のお惣菜セットも見つけました。

 

こちらは7食で税込み4,104円、これにクール便の送料が800円がかかるので合計で4,904円。

 

1食当たりでは700円なので食宅便の560円と比べると少し割高でしょうか。

 

あとは好みの問題ですね。

ちなみにダイエットが目的の方は、ケアシリーズのカロリーケア1200・1600のコースもあります。

 

こちらは「はらすまダイエットのプログラム」にも参加できますので、ぜひチェックしてみてください。

 

>はらすまダイエットに関して詳しくはこちら

食宅便の低糖質セレクトは糖質制限ダイエットや糖尿病におすすめ?

 

 

低糖質セレクト 利用者の口コミ


43歳 会社員
私は食べることが大好きだから、ダイエットで食事を我慢するのが本当に大変でした。

 

食宅便の低糖質セレクトは、食事の量はそのままで糖質がしっかり押さえられているので、自分でやっていた頃のようにおかずの量を少なくしなくても良いところが助かっています。

 

ご飯の量は自分で気をつけないといけませんが、量を抑えていた頃よりお腹があまり空かなくなりましたし、今のところ無理なく糖質制限できています。


37歳 主婦
年齢とともに体型の崩れが気になっていました。友人と比べてもやっぱり太っている自分はコンプレックスです。

 

運動する時間もないし大変だし、ダイエットで有名なライ〇ップは料金がものすごく高いのでとても手が出ませんでした。

 

食宅便はそんな私の強い味方です。冷凍食品なので味は期待していませんでしたが、食べてみたらとても冷凍とは思えない。

 

糖質制限だから味気ないと思いきやしっかり味付けもされていて、今のところ3か月続けていますが、1月に1kgずつ無理なく減量できています。


52歳 自営業
私はいわゆる2型糖尿病です。自営業で普段からあまり身体を動かさない上に、間食を度々していたのが原因だったようです。

 

医者から言われた時はショックでしたが、それよりも糖尿病の合併症が怖いので、今は真面目に糖質制限に取り組んでいます。

 

食宅便は自己管理が苦手な私にと、病院の栄養士さんから勧められて始めました。最近はウォーキングの習慣もつけるようにしていますが、

 

前回のの定期検査では血糖値やA1cの値も改善されていたのでお医者さんからは褒められました。

 

やっぱり自分の健康は自分でしか管理できないので、これからも食宅便を利用しつつ体質改善できるように頑張ります。

食宅便の関連記事食宅便の口コミ「まずい」は本当か?私が実際に食宅便を試してみた感想

 

 

SNS

 

 

 

 

 

このように食宅便の低糖質セレクトは、ニーズが多くメニューが増えていることからもダイエット糖尿病糖質制限で利用されている方がとても多く居るという事が分かりました。

 

>低糖質セレクト 最新のメニューはこちら