心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

現在、ご自身やご家族が心不全などの心疾患で、食宅便宅配サービスを検討している方へ。

 

「心不全で塩分の管理をしなければいけないけれど、食宅便を利用して大丈夫か?食宅便を利用すれば塩分制限はしっかりとできるか知りたい」

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

この記事ではこのような疑問にお答えします。

 

私は普段、急性期の総合病院で理学療法士として働いております。また専門は循環器で心不全や心筋梗塞などで入院された患者さんのリハビリを担当しています。その中で退院後の生活習慣全般についても指導しておりますので、お役に立てる内容だと思います。

 

 

そもそも心不全に食宅便の宅配サービスはおすすめ?

心不全はによる血圧や水分のコントロール、適度な運動による心肺機能の維持・改善、そして塩分制限を中心とした食事の管理によって治療していきます。

 

その中で、退院後の食事管理について、食宅便の宅配サービスを利用することはとても有効だと言えます。なぜなら食宅便のメニューは管理栄養士が監修しており、塩分管理の他にも様々な栄養バランスが考えられて、作られているからです。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

病院でも実際に、食事について専門的に指導するのは管理栄養士の仕事です。ですから管理栄養士の監修で作られている食宅便を利用することは、とても理に叶っていると言えます。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

ちなみに食宅便のメニューには、塩分ケアという塩分を抑えた特別メニューがあります。心不全の患者さんについては、このメニューを利用したほうが良いのか次項で解説していきます。

豆知識 なぜ心不全には塩分制限が必要なのか?
人間の体は、体内の塩分濃度を一定に保つ働きがあります。なので例えば塩辛いものをたくさん食べると、これを薄めるために大量の水分が体内に蓄えられます。これは血管内でも同じで、たくさんの水分が貯まることで血管が膨れて血管壁にとても高い圧力がかかります(高血圧の状態)。そして血管に高い圧力がかかっている高血圧では、血液を全身に送り出す心臓の負担も大きくなります。やがて心臓のポンプ機能が破綻することで心不全となってしまいます。弁膜症や冠動脈の閉塞など心不全の原因は様々にありますが、このように高血圧と密接に関係が有り、血圧が上がることで心不全は悪化します。以上の事より、心不全において血圧を管理すること、すわなち高血圧を抑制することはとても重要で、塩分のコントロールが欠かせないと言えるのです。

豆知識 塩分摂取目標と現実
厚生労働省調べで、日本人の平均塩分摂取量は男性11g、女性9.5g程度です。これに対し理想摂取目標値は男性8g、女性7gなので日本人は慢性的に塩分の摂りすぎです(WHO世界基準目標値は5gとさらに低い)。実際に和食は、欧米食と比べても醤油、漬物やみそ汁など塩分が多いのが特徴です。ですからたとえ健康でも、常日頃から塩分の摂り過ぎに注意しなければいけません。

 

 

食宅便のメニューで選ぶなら塩分ケアが良いの?

心不全治療における塩分制限の基準は高血圧と同様、1日あたり6g未満です(1食換算では2g)。これは治療する上で厳格に守る必要があります。症状が重ければ重いほど重要です。そして食宅便の塩分ケアについて確認してみましょう。

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

食宅便の塩分ケアメニューは、1食当たりの塩分が2g以下にしっかりと抑えられています。これは上記に関する知識を持った管理栄養士が、塩分管理は1日6g以下になるように1食の塩分を2g以下にコントロールしているからとも言えます。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

ですから1日6g、1食2gの塩分制限を確実に守ることができる塩分ケアは、心不全の方にもおすすめのメニューと言えます。

ただしこれは食宅便のおかずのみの塩分なので、この他に漬物やみそ汁などを自前で用意した場合は、塩分が簡単に2gを超えるのでくれぐれもご注意ください。(参考までにレトルト用の味噌汁1食分では、塩分が2gですので簡単に塩分過多になります)

 

メニューの選択についての重要な補足

食宅便のメニューは、塩分ケア以外のメニューでも一般の食事と比べると塩分はかなり抑えられているメニューが多いです。

 

しかし心不全における塩分管理は厳格に実施しないとすぐに病状は悪化する傾向にあります。ですから普段の生活でしっかりと病気向き合っていくことを考えると確実に2g以下で塩分制限できる塩分ケアのメニューを選択することを強くお勧めします。

 

 

心不全は毎日の生活習慣の管理が一番重要!

病気とキチンと向き合っていただくために重要なことをお話しします。

 

心不全は自己管理がしっかりできていないと繰り返す病気です。病院に入院すれば治療により症状が改善することも多いですが、退院後の生活習慣がしっかりできていないとすぐに悪化して再入院することも多いです。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

事実、私が担当している心不全患者さんでも残念ながら入退院を繰り返している人はたくさんいます。酷い人は1年の大半を病院で過ごしている方もいらっしゃいます。そして繰り返すと慢性化、重症化して治りづらくなりますので、長期の入院が必要になり退院できなくなります。

 

ですから心不全は「退院してからが本当のスタート」「普段の自己管理が勝負」といえる疾患なのです。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

退院してからは決められたように飲む。家の中でじっと座ってないでなるべく散歩(低負荷の運動)もする。

 

けれど一番管理が難しいのは食事です。話を伺っていると皆さんここで本当に苦労しているのが良く分かります。具体的には塩分制限をしたつもりでもできていなかったり、美味しくないからついつい自分好みの濃い味付けにしてしまうなどです。

 

心不全は繰り返すごとに慢性化し、段々と治りが悪くなってきます。ですから塩分の管理は本当に大切で毎回私もしつこいぐらいにお話をしています。

その中で、やはりご家族の協力が得られなかったり自分で食事の管理が難しそうな患者さんについては、私はこのような宅配サービスの利用を積極的にお勧めしています。

 

なぜなら実際に塩分制限の食事を作ることはとても困難ですし、このようなサービスを利用することで食事を準備する手間やストレスを無くし、さらには確実に塩分制限を実施することができるからです。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

繰り返しますが、心不全を悪化させないためには日頃の生活習慣がとても重要です。その中で習慣を変えるハードルは低い方が乗り越えやすく、また習慣化する上でも簡単なほうが定着しやすいのです。

 

だからこそ簡単に塩分制限食を準備できるこのようなサービスは、制限食の習慣を定着させやすいと考えています。

 

また仮に何とか頑張って管理できたとしても、毎日3食の献立を考えるのはとても大変です。ですからこのようなサービスを併用することで本人や家族の負担を減らし、確実に塩分制限の生活を継続することができるようになります。

 

心不全の場合は少しずつ減塩などと悠長なことは言っていられません。即日減塩で、毎日がとても重要です。減塩の食生活を確実に定着させていきましょう。

 

 

心不全で食宅便の塩分ケアを利用するメリットのまとめ

重要な事なので何度でも繰り返してお話ししますが、心不全は普段の生活習慣をいかに管理するかが重要です。そのなかで食事に関しては、塩分制限をきちんと守って生活していくことが何よりも重要です。

 

塩分制限はご自身やご家族の協力で何とか実行していけるかもしれませんが、長い目で見ても毎回の食事を用意する手間や、自分に甘えてついつい味を好みに変えたり、余計な塩分の多いおかずを食べたりすることで、簡単に症状が悪化し入院となるケースがたくさんあります。

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

ですから普段の食生活の塩分制限において、このようなサービスを積極的に利用することを私は強くお勧めします。

  • 塩分制限が確実に簡単に実施できる
  • ご自身やご家族の精神的・肉体的ストレスを軽減できる
  • 余計な塩分を摂取しなくて済む(自分好みの味付けや余計なおかずを食べないようにコントロールしやすくなる)

食宅便の関連記事:

 

食宅便の口コミ「まずい」は本当か?私が実際に食宅便を試してみた感想

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

心不全には食宅便の塩分ケアがお勧め?医療従事者の私が解説します。

 

会員登録せずに、無料でメニューの閲覧ができます。