食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

食宅便のメニューにはカロリー糖質を抑えたものがあり、また要望の多さから2018年の10月にはメニューも増えダイエットしたい人向けに好評となっています。

 

では食宅便のメニューは本当にダイエットに適しているのでしょうか?

 

この記事ではこのような疑問にお答えします。

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

私は普段、急性期総合病院で理学療法士として働いており入院患者さんのリハビリを担当しています。そのなかでメタボ肥満の方やそれが病気の原因と考えられる方には特に、退院後の生活習慣全般について指導していますので、お役に立てる内容かと思います。

 

結論から言って、食宅便を利用するとダイエットは成功しやすいと言えます。

 

なぜなら食宅便はカロリーがしっかりと制限されているからです。

 

ダイエットは運動よりも食事の制限がどれだけ重要か、以下に説明します。

 

 

 

そもそもダイエットは運動以上に食事制限がまず大事

一般的にダイエットには食事制限運動が勧められていますが、ここで一つポイントです。

食事制限なしで運動だけで痩せることは困難ですが、逆に食事制限をしっかりしていれば運動は必ずしも行わなくてもダイエットすることは可能です。

 

例えばバナナ1本100gでは、カロリーは約80kcalとなります。

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

これを運動で消費しようとした場合はウォーキングで約20分ジョギングで約10分程度の運動が必要です。

 

どうでしょうか、決して気軽にできるレベルの運動量ではないと思います。

バナナ1本のカロリーを消費するのにこれだけ運動しなければいけないことを考えると、普段好き放題食べている人が「運動するから大丈夫」と言っているのは本当は大丈夫ではありません。

食事制限をしないで食べた余分な数百キロカロリーを消費するには、かなりの運動量が必要なのは容易に想像がつくはずです。

 

運動は大変ですし、それ以上に時間が無いとできません。

 

その点、食事制限であれば普段の生活の毎回の食事でコントロールがすることができます。

 

ダイエットで大切なことはとてもシンプルです!

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

ダイエットで大切な事はとてもシンプルです。

摂取カロリー(食事)を消費カロリー(基礎代謝、身体活動)が上回れば痩せますし、消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまえば余ったエネルギーは最終的に脂肪として蓄積され太ります。そう考えるとまずは摂取カロリーを抑えることがダイエットの一番の近道です。

その点、食宅便のカロリーケアでは、この摂取カロリーが厳密にコントロールされていますから、美味しく食べてもついカロリーを摂りすぎたということがありません。

 

また普段何も考えずに食べる食事と比べても、しっかり食べてカロリーは控えめ、さらには必要な栄養素が不足しないように管理栄養士さんが徹底的に監修しているので安心です。

 

中には食事制限を頑張りすぎて体調を壊してしまう方がいますが、あれはまさに普段の食生活で必要な栄養素まで足りなくなってしまい、体調を崩してしまっていることが原因です。

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

このようにダイエットを考えた時、一番最初に取り組むべきは食事制限であり、食事制限を行うために一番必要なのはカロリーのコントロールだということがわかるかと思います。

 

さらにはここで栄養が不足しないようにバランス良く制限していくことが肝心です。

 

その点、食宅便では栄養のプロフェッショナルである管理栄養士さん監修していますから、ダイエットをしたい人にはとても心強い味方となってくれます。

 

 

食宅便にはダイエットを応援する「はらすまプログラム」があります

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

さらに食宅便でダイエットをするなら、はらすまダイエットプログラムに参加できるのも一つのメリットです。

 

この「はらすまダイエット」は、日立製作所の産業医が開発したプログラムで従業員の生活習慣病のリスクを減らす目的で作られました。この取り組みが広まり現在は多くの団体、企業で利用されており、食宅便もその1社なのです。

 

ダイエットは自分自身との戦いですからとても孤独ですし、ついつい欲望に負けそうになってしまうのが難しい所です。

 

しかしこのように第三者が介入するプログラムを利用すれば、自己強制力がつきますからダイエットもより成功しやすいと言えます。

 

どうせダイエットにチャレンジするなら成功率が高い方が良いに決まっています。

 

はらすまダイエットプログラムに参加するには?

はらすまダイエットに参加するには、食宅便のメニューよりはらすまプログラム付きのメニューを注文することで参加が可能です。
ちなみにメニューの内容は、ケアシリーズのカロリーケアと同じものになっています。

 

つまり上記の説明の通り、カロリーを抑えたメニューでダイエットを実施するということです。

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

またこのプログラムを利用するにあたり以下の3つの物を用意する必要があります。

  • 体重計
  • インターネット端末(パソコン、スマホなど)
  • 歩数計

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

このうち体重計インターネット端末は必須となっていますのでご注意ください。

 

 

はらすまダイエット 利用までの流れ

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

利用するまでの流れを簡単に説明すると、

  • まず、食宅便の公式サイトよりはらすまダイエットつきのメニューを注文します。
  • ID、パスワードが届きますので、専用のマイページにログインします。
  • そこでご自身の目標設定を行います。

この目標に向かって、プログラムを実施していく形になります。

 

なおこのプログラムのコンセプトは「がんばらない、でもあきらめない。」ですからまったく気負う必要はありません。

 

忙しい人でも無理なく続けられるように工夫されています。

 

 

ダイエットの疑問と食宅便のメニュー選択について

ここではダイエットと食宅便のメニュー選択、糖質制限や運動に関するよくある質問をまとめました。

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

ダイエットをしたいんですけど、低糖質セレクトとカロリー制限のメニューのどちらを選べばよいのでしょうか?

基本的には「絶対にどちらを選ばなくてはいけない」ということは無いので、好みで選べばよいと思います。

 

例えば普段から甘い物をたくさん食べている人、ごはんや麺類、食パンなどが大好きで炭水化物を多く摂取している自覚がある人は糖質を過剰に摂取している可能性があるため、意図的に糖質を抑える低糖質セレクトを選ぶのはOKです。

 

しかし最終的に「痩せる」というゴールが達成できればどちらでもかまいません。

 

それでもどちらを選んでいいかわからない場合は、まずカロリー制限1600からスタートすることをお勧めします。

 

メニューの内容を見ても糖質制限の方がややシビアだからです。

 

無理なく続けることが大切なので、はじめはハードルが低い方からスタートして、慣れてきたらメニューを変更しても良いと思います。

 

それでもどうしても結果が欲しい人は最初から糖質制限をセレクトするという考えもあるでしょう。

 

一番良い方法はまず一通り試してみて、そこから自分に合うものを選択するという事です。ご自身のできる範囲で試してみることが大切です。

 

ダイエットに自信が無いのですが、低糖質セレクトで大丈夫でしょうか?

低糖質セレクトはカロリー制限1600よりもカロリーが少ないです。

 

ですからもし低糖質セレクトを試してみてどうしても食べ足りない場合は、カロリー制限1600に切り替えてみるのも一つの方法です。

 

一番大切なことはどのメニューを選んだとしてもこれなら無理なく続けられるという実感です。

 

その実感が持てれば基本的にはどのメニューを選択しても大丈夫だと思います。

 

ちなみにカロリー制限のコースであれば「はらすまダイエットのプログラム」にも参加できますので、一人でダイエットが不安という人はこちらのメニューを選択するのも良いと思います。

 

>はらすまダイエットについて詳しくはこちら

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

けっきょく糖質制限ダイエットって一番痩せられるんですか?

世間で糖質制限ダイエットが言われるようになってからしばらく経ちますが、近ごろは一時期よりはブームが下火になっている印象です。

 

そして最近では糖質制限ダイエットについて疑問を持つ意見が出てきているのも事実です。

 

その意見では結局のところ糖質制限で体重が落ちているような気がしていても、実際にはご飯やパンなどの炭水化物を制限して糖質を抑えているから痩せているのではなく、これによって総摂取カロリーも減っているので、結果として痩せているのだというように言われています。

 

事実、同じ食事のカロリー量で、一方は糖質なし、他方は糖質ありの食事メニューを摂取したそれぞれのグループで比較したときに、体重の増減にはほとんど変わりが無かったという研究結果も出てきています。

 

このようにまだまだ糖質制限については賛否両論があります。

 

ですからあまり糖質制限にこだわり過ぎる必要はなく、まずは基本に立ち返って総摂取カロリーに気を配ることが大切です。

 

もっと言うと糖質だけ極端に抜いてしまうことで、脳に必要な栄養が十分に行き届かなかったり、脱水ぎみで肌がカサカサになる事態も引き起こされます。

 

栄養が偏ると免疫力が低下し病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

栄養不足になっては元も子もないですから、糖尿病などでよほど糖質を抑える必要がある人でない限りは、カロリー制限食の方がバランスの取れたダイエットメニューとしてはお勧めです。

 

あとは普段からなるべく歩く、じっと座っている時間を減らす、筋肉をつけ基礎代謝を上げるなど、食事の面以外でもカロリーを消費する工夫ができるとなお良いと思います。

 

ダイエットではどのくらい運動すればいいのですか?

基本的にダイエットでは有酸素運動が推奨されており、その中では歩くことが一番気軽に実践できると思います。

 

また脂肪燃焼では一般的に20分以上の有酸素運動が有効なので普段の生活の中で30-60分程度歩く時間を作れると理想です。

 

最近の研究では細切れの時間でも効果があると言われており、1日で合計30分以上になるように運動してもOKです。

 

しかし上でも申し上げた通り、食事制限がしっかりできていなければ痩せることは難しくなりますので注意してください。

 

また最近の研究では非運動性熱産生(NEAT:non-exercise activity thermogenesis)が注目されています。

 

このニートと言うのは日常生活動作で消費されるエネルギーのことで、実は全体の25-30%と言われています。

 

ですから最新の考え方では、単純に運動を増やすだけではなく、安静を減らすという意識を持つことがとても大切だと言われています。

 

具体的には、じっと座っている時間をなるべく減らすということですね。

 

立っているだけでもエネルギー消費に大きく影響します。

 

あとは筋トレをして筋肉量を増やすことで基礎代謝量を増やしてあげるということも長い目で見ればとても有効です。

 

筋トレは基礎代謝を増やすだけでなく、美しいボディーバランスにもなるし、老後の寝たきりや転倒予防にも繋がりますので、個人的にはとてもお勧めです。

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

 

ダイエットで気をつけるべき事、食宅便を利用することのメリット

最後にダイエットで気をつけるべき事、食宅便を利用することのメリットをまとめておきますのでご参考ください。

 

ダイエットで気をつけるべき事

  • 糖質制限はほどほどに。まずはバランスの良いカロリー制限からでもOK
  • 間食は絶対にNG(三食のカロリーを抑えても他に食べたら全く意味が無いです)
  • お腹が空いたらガムなどを噛んでまぎらわすのがお勧め。噛むことで少しでも満腹中枢を刺激できます
  • 普段飲み物を買っている人は水・お茶・炭酸水などにする事。甘い物は糖質が大量に入っており減量を妨げるだけでなく糖尿病の原因にもなります(ペットボトル症候群)
  • 食事(運動)は習慣化することが一番大切。そのためにハードルは低くすること(無理な習慣は必ず挫折します)
  • 急激に痩せる必要はない。1か月1kgで十分です。それよりもコツコツと継続することが大事

 

ダイエットで食宅便を利用する事のメリット

  • あらかじめカロリーや糖質が調整され、摂取カロリーを管理しやすく、1食分を気にせず気軽に食べられる
  • 作ったり買いに行く手間が無いので、いつでも気軽に食べられ習慣化しやすい
  • 美味しく食べた満足感があれば習慣化しやすい
  • 上記3つの通り、食宅便は無理なく食事制限が実施しやすい

 

ダイエットは無理の無い範囲で、食事制限が習慣化できれば必ず成功します。

 

 

食宅便でダイエットしている人の口コミ

 

 

 

食宅便ならダイエットは成功しやすいの?

 

このようにダイエット目的で食宅便を利用している人はとても多いです。

メニューやプログラムについては公式サイトでより詳しく書かれていますので興味のある方はご確認ください。

 

>メニューやプログラムの詳細はこちら

食宅便の関連記事食宅便の口コミ「まずい」は本当か?そのほか私のレビューへ